書がこころを開く ~ 被災地の子どもたち ~


※ 一部内容を 追加しました。1202.11.9 10:00
※ 一部内容を 追加しました。1202.11.10 1:00
※ 一部内容を 追加しました。1202.11.10 17:30


コミュニティの作品展が終わった ( ´ ` )=3ふぅ

しかし 年明けには 新春展があるので
また 作品づくりをしなくてはならない ┐('~`;)┌

毎年 わかっているイベントなんだけどねぇ・・・



講師の作品   ↓
9月に出掛けた岩手県、宮城県のツアーで訪れた石巻市雄勝町で頂いてきたスレートに
金のマーカーで書いてあります。
a0081957_8583851.jpg

メッセージとは
中京圏でタレントとして活躍する矢野きよ実さんが立ち上げた
被災地支援プロジェクト『矢野きよ実からのメッセージ』

雄勝硯は国内産では90%シェアがあり
先日 創建当時に復元された赤れんが駅舎の東京駅の屋根に
雄勝町の天然スレートが使われています。

矢野さんはラジオやテレビのパーソナリティとしてローカル有名人です。
書家としても(一般的に知られていませんが)活躍しています。
その人柄もあって 著名人との交流も多々多々 → 2011年個展へのお祝いメッセージ

鳥越俊太郎さんが付けている『無敵』のピンバッジは 
矢野さんの書によるものです。

習字と違って、
はお手本の通りに文字を書くことが目的ではなく、
自分の気持ちを言葉で表現することが一番大事だ

と矢野さんは言います。

a0081957_0434397.jpg

(矢野) 自分の手とおんなじことで
      これが 人さし指 ほら指
      指で書くみたいなもんなんですぅ。

筆の持ち方が普段と違いますし
体育館の床に毛布を敷き
大きな紙とおっきな筆

「みんなのココ!ココ!こころ!!ココに中にあるものを 好きなことを書いてぇ」との呼びかけに
陸前高田市の小学3年、4年生達が 口には出せない気持ちを書として書いていきます。



私が今年2012年3月16日にNHK名古屋で見たのは
『東海北陸ヒューマンドキュメント
 書はこころを開く
~被災地の子供たち~』
でした。
a0081957_15581164.jpg

「つなみに負けない」
「心」
「復興」
「つなみにまけるな」 (私の家流されたけどぉ 流されて いろんな人が亡くなった分
              私は生きていこうと思いました)
「未来にかがやけ」 (未来に輝いていれば 何にも勝てると思ったからです)

書だったら 誰にも言えないじぶんの思いを 表すことができます。
a0081957_2153031.jpg

お父さんを亡くしたY君が真っ先に書いたのは 「父」のひと文字です。

毎年のようにに連れていってくれた やさしいお父さん
(Y君) 書いてぇ残せばぁ もう
     一生亡くなることがないって思ったから…

書いた書は家に持って帰ります。
しかし Y君は「父」の書だけ持ち帰りませんでした。
矢野さんに預けたのです。

(Y君) んとぉ~ なかなか そういうことって
     親にもなかなか言えないからぁ なんか・・・
(スタッフ)ど~して?
(Y君) わかんないけど なんか
     ちょっと 言いにくいっていうかぁ・・・

震災から1年。
人々の暮らしは少しずつ落ち着いてきました。
しかし 誰もが心にキズを残しています。

お母さんはあの日以来
お父さんのことを子ども達と話していません。

悲しみに打ちのめされていました。

(母) 思い出させるのも辛いのかなって思ったりするしぃ
    (ウンウン)私が泣いてんじゃないか
    元気ないんじゃないかって
    人の顔を覗きにくるんですよね心配して・・・(ウンウンウン)

「父」の書を見せると お母さんが悲しむ。
Y君は父への思いを胸にしまい込んだのです。
a0081957_2162399.jpg

Y君がお母さんに見せたのは「海」でした。

しかし 震災の後 海は 良くないイメージだったので
お母さんはちょっとびっくりしたそうです。
え~~~ なんで 海なんだろう
って お母さんは思いましたが
なかなか本人には聞けないでいました。
(母) なんで海ってかいたの?(やさしく笑って) かなぁって・・・

(スタッフ) 今 聞いてみます? なんで海ってかいたの?
(Y君) 海が好きだから
(スタッフ) 辛い海でもあるんじゃないの?
(Y君) ・・・ ・・・ そういうことはぁ 考えずにぃ 震災前のこと 考えてぇ 書いたからぁ
     ・・・ また 海に行きた ・・・
(母) まぁ ちょっと 時間はかかるかもしれないんですけどぉ
    立派な父ちゃん ねっ zuzu 大好きな父ちゃん ねっ zuzu ず~っとずっと ねっ zuzu
    忘れないで 思い続けてほしいなっと 思うし・・・
(Y君) ・・・ ・・・ ・・・ 
     ・・・ 今 生きてたらなぁって 思う

書が少しずつ 悲しみを癒していきます。

          ~ 抜粋 ~

放送分の一部 → 逢いたい・・陸前高田の子供たち

Y君と『命』と書いたA君は 9月に東京で矢野さんと再会し
文部科学大臣を表敬訪問したそうです。

ほかにも UPされているので
見てみて 読んでみてぇ → 子供たちの心の音 被災地 書の授業

『矢野きよ実の書 Vol8』が11月12日(月)まで
名古屋松坂屋 オルガン広場であります。

a0081957_1011261.jpg

子供たちの書も いっぱい見ることができます。
矢野さんや もしかして 誰か? 飛び入りゲストに会えるかも
去年一昨年は原田伸郎さんがひょっこりと)
お近くの方は出掛けてみて下さい。

また 全国のどこかで 子供たちの書が展示されると 思います。 → 全国展示スケジュール

ぜひ お出掛け下さい。

NHKさぁ~ん 『書がこころを開く』 ~ 被災地の子供たち ~
再放送 全国で お願いしまぁ~す!!


無敵プロジェクト
矢野きよ実

 ↓ ここも見てみて 読んでみてぇ 003.gif
届け!名古屋からのこの想い~ 矢野きよ実 泉谷しげる みんなの祭り 無礼講

あっちゃこっちゃクリックして 読んで読んで♪




ばたばた 編集で m(_ _)m
とりあえず UP ( ´ ‘ )=3ふぅ






※ QPさんがハマってしまった037.gifマンホール
  あなたのまちのマンホール
    出掛けたまちで見つけたマンホール
    消火栓の蓋もご当地デザイン♪

   こちらの掲示板にUPしてね006.gif


 さて今日の晩御飯はぁ…
   料理苦手主婦うとうと 憧れblog 小太郎のまんぷく日記






                 
[PR]
Commented by onorionozato at 2012-11-09 10:56
読んでいると 胸が 苦しくなります
皆の 心の 深~い傷 計り知れない深い物
言葉に 出してしまうと なぜか 軽いものになるから 
書が 素晴らしい!
Commented by mika at 2012-11-09 22:28 x
いいお話ありがとうございました(*´∀`*)
字が生きてる・・・無心で書くといい字が書けるね。
矢野さんって私と同じ誕生日でびっくり(゚O゚)
同じ誕生日やのに・・・(´Д` )
Commented by アイアイ at 2012-11-09 23:14 x
全部読みました・・・ありがとうございました。
Commented by うとうと at 2012-11-10 16:45 x
✿ おのりさん こんにちは♪
特に子どもたちは
気持ちをどう話していいのか
口に出してはいけないんじゃないのか
表現する手段を見つけられなかった
機会がなかった ・・・ のかも知れませんね。
習字のいろいろな技法を気にしなくていいので
こころがそのまま指を通して文字になったんだと思います。

Y君のやさしさはお父さんからもらったんだと思います。

読んで下さって ありがとう。

ご依頼のDM もう少し待っててね m(_ _)m
Commented by うとうと at 2012-11-10 16:50 x
✿ mikaさん コメント ありがとう♪
子ども達は
止め跳ねなど 習字の決まりは関係なく書いているので
元気よく 大きく書いているよね
さらに
矢野さんのあの元気な声 言葉で 
書いてる傍から よ~し そう いいよぉ~
と褒めてくれるから 伸び伸び
みんな いい顔してるね。

読んで下さって ありがとう♪
Commented by うとうと at 2012-11-10 17:03 x
✿ アイアイさん 読んで下さってありがとうございます♪
たくさんの方に この 子ども達の字を通して
気持ちを 知って頂きたいと思います。

アイアイさんの近くでも展示があったらいいなぁ
3月16日 新聞のテレビ欄に
(詳細はわからなかったけど)
番組を見つけ
矢野さんが地元だった この偶然に 感謝です♪

明日 行ってきまぁす (*'ー'*)/
名前
URL
削除用パスワード
by from-sumi3 | 2012-11-08 15:38 | お知らせ | Comments(6)