はがき掛け軸づくり

『はがき掛け軸づくり』に行って来ました。

はじめに 表装(今回は紙ですが)について お話がありました。

表紙の色を選ぶことから始まる。その人のセンスがわかる。
絵とのバランスを学ぶ。
表紙は絵を一番よく見せるための脇役。
突出せず しかし 存在感があるように。

本来は 一枚の絵に一枚の軸 がベストなのだけれど
色をしずませておくと いろいろな絵に合う。
季節ごとにあるといい。

絵を顔に例えると 表紙はパーマやチーフといったようなもの。
絵手紙でも 最後のハンコをどこに押そうか? と
目立たないけど ポイント。
絵手紙と通じるものがある。

どちらも 感性

昨年の『豆巻子本講座』では 余裕もなく細かな部分のやり方が思い出せなくて

今回は 講座の様子もわかってきたし そのつもりで手早く o[◎]o-)パチリ

                                          クリックで画像が大きくなります♪
a0081957_1681575.jpg
キットになって用意されていました♪ ワクワク(*'ー'*)V

【軸、八双、掛紙】
  軸先と八双の端に和紙を貼る。
  はがきを掛けるひも状のもの(掛紙)を作る。
a0081957_1622054.jpg
【表紙を作る】
  模様や一文字(細い色違いの部分)の幅に気を付けながら
  表になる紙を貼り合わせる。
  
  ※ 糊づけは広告の紙などを利用し
    濡れタオルなどで 手の汚れを拭きとって作業すると 仕上がりが綺麗♪

  出来あがり幅を決め 折り線をつけ 糊づけする。
a0081957_16295710.jpg
【掛紙を付ける】
  掛紙を通す位置を型紙から写し
  切り込みを入れ 掛紙を通して 糊付けする。

【裏打ち紙を貼る準備Ⅰ】
  裏打ち紙を 表紙幅より-4ミリの幅に切る。
  表紙に 八双と軸に巻く部分の印をつける。
  ※ 線を引く時は 目打ちを斜めにする。

  ココからがポイントのとこなんだけど
  ジャァ~~ン 肝心の画像がない 手いっぱいで 撮れませんでした (´ヘ`;)とほほ・・


【表紙に裏打ち紙を貼る準備Ⅱ】
  表紙の裏を上に向けて置き 軽く霧吹きを掛ける。
  表紙の 上から10ミリ下がったところに(たぶん) 裏打ち紙の端を合わせる。

【アイロンで接着】
  上下(八双と軸に巻く部分)を残し、表紙と裏打ち紙にアイロンを掛ける。
  ※ 紙の中心から 上へ 中心から下に 中心から右に… と
    四方八方に シワが出来ないように掛ける♪

( ´ ` )=3ふぅ
a0081957_17301648.jpg
【八双を取り付ける】
  先に 八双に 表紙を糊付けする。
  さらにその上に 裏打ち紙を覆い被せるように 糊付けする。
a0081957_0283319.jpg
【軸を取り付ける】
  今度は先に 軸に裏打ち紙を糊付けする。
  その後 表紙を覆いかぶせるように 糊付けする。
a0081957_0325864.jpg
【紐を付ける】
  紐をボンドで付ける。
  その上から 力紙の端を裏打ち紙に揃えて 貼る。
  もう一度 八双、軸、力紙などにアイロンを掛けて 完成003.gif
 
「あっ そこじゃないよ!」「えっ?!」「あっ やぶけた!」「えっ?何何?」
「これやったら次はぁ?」「ちょっと 待って待ってぇ」
「あっ 先にぃ これ貼ってからみたいよ」 ・・・・・ 
ワイワイ 賑やか (*'ー'*)

【先生の作品】
模様や色、一文字があるなし で 趣が違いますね♪
a0081957_17471115.jpg

たくさんのいいものを観て 作って作って経験して
感性を磨いていくことが大事
 ってことですね♪
一文字のところは いいものを使うんですって。
そんなところに注目して 本物を観てみよう♪

で わたくしめの掛け軸 & 年賀状でございます (^^ヾ
a0081957_17392612.jpg

みなさん 今年もよろしくお願いしまぁす (*'ー'*)V

細かなとこが うろ覚え (´ヘ`;)とほほ・・
今度 横バージョンを作ってみよぉ~っと

[PR]
名前
URL
削除用パスワード
by from-sumi3 | 2010-01-12 17:48 | クラフト | Comments(0)