3月の硬筆展で
ハガキサイズの作品が課題になっていた。
あれこれ考えていたが
今ひとつ決まらなくて
提出までの日にちも少なくなっていた日
朝のテレビで
インスタントコーヒーとスプーンを使って
犬の絵を描いている人がいた。

これだぁ (⊙ꇴ⊙)‼︎


a0081957_02044093.jpg


ダバダァ〜 ダバダァ〜〜アァ〜〜 •*¨*•.¸¸♬
違いがわかる男のネスカフェ ゴールド…
福はコーヒーをスプーンでかき混ぜるイメージでクルクルと

至福のひととき

マットサンダース紙に書いた文字は乾くのにかなり時間はかかったが
文字の盛り上がったところはがあり
ほのかにコーヒーの香りも残っていた060.gif

と ここまで良かったが
どんなに乾かしても他の紙などにくっ付いてしまうことが判明 008.gif
盛り上がったところを触ると凹んだり艶がなくなってしまった…

インスタントコーヒーの濃度を変えたり
和紙に書いみたりしてみて下さい ٩( •ω• )و

※ 『ぴいす絵手紙教室作品展』参加絵手紙
[PR]
by from-sumi3 | 2016-06-22 21:12 | うとうと画 | Comments(0)

芸術の秋のひととき♫

いつもの席が空いていた ♫
ったって
年に一度 今日で3回目なんだけど
わたしのお気に入りの席
窓際のカウンターからの眺め
a0081957_15535370.jpg

頬づえついて…


もう少し近くだといいのになぁ
楓?満天星躑躅もまだあおい

今度は晩秋に来てみよう




森の響(おと)
日進市米野木南山973-13
0561-73-8763火休 第3水休
http://morinooto.jimdo.com/


a0081957_16061471.jpg


曲木玲子社中
『すずみの会』
かな書道展
2015年10月7日(水)〜12日(日)
素晴らしい仮名文字
そして 料紙も手作りです(❛ ◡ ❛)♡

芸術の秋のひととき
お近くの方はぜひ



さっ
現実に戻るとしよう (´・ ・`)


店を出て 団栗を探していると
犬を散歩する女性に挨拶をされた。
また紅葉した頃 来ようと思うと言ったら
コンサートの時に来るといいですよって
12月のバイオリンの演奏会を
予約しているそうで
目の前の演奏の素晴らしさ
暖炉の暖かさなど
常連さんならではの情報を話して下さった。

ライトアップされたお庭も素敵だろうけど
夜は来れないしなぁ…
暖炉の暖かさってどんなだろう

もう少し近くだといいのになぁ
また いつか



きゅうママさんの『お知らせとお願い♪』こちらです →







[PR]
by from-sumi3 | 2015-10-07 15:43 | お出掛け | Comments(0)

「楷書」で話す?

新聞記事より

 旅番組は数多いが、
 こんなにゆったりと見ていられる番組は珍しい。
 その理由の一つが、声で出演する中村七之助。
 4月に兄の勘九郎から代わった。
 派手ではないが、一つ一つの説明がきちんと届く「楷書」のナレーション心地いい。


いよいよ今月開催の文化展
ただ今 出品作品に
悪戦苦闘中 008.gif

好きなのは「楷書」
欧陽詢の『九成宮醴泉銘』(きゅうせいきゅうれいせんめい)んか 1400年もの昔の作品なのに どこかスマートで かっこいい と思ってしまいます。

a0081957_11175497.jpg

でも 美しいかなの連綿も憧れ🎶
で 習い始めたペン習字ですが
なかなか
いつまでたってもスラスラとは書けません。
ただ繋げて書くだけではダメなので・・・

上記の記事のように表現するなら
スマホの音声機能も「楷書」で話しかけないとね 037.gif




…うとうとの寝言独り言…
新しいアプリから投稿 編集してみました。
慣れないせいか ちょっと使い方がわかりません 002.gif ちゃんと取説よんでないしね ┐('~`;)┌

PCから編集してみました。
こちらも現行管理画面では編集しにくくて 新しい管理画面にして編集しています。
まっ いろいろやってみましょう。
慣れてくるし excite利用者の声で改善されていくと思います。




あなたの町のマンホール 出掛けた町で見つけたマンホール 消火栓の蓋もご当地デザイン♪ こちらの掲示板にUPしてね
さて今日の晩御飯はぁ… 料理苦手主婦うとうと 憧れblog 小太郎のまんぷく日記
梅村マルティナ 気仙沼FSアトリエ


 

[PR]
by from-sumi3 | 2015-06-03 11:34 | 雑記 | Comments(2)


※ お知らせが2件ありますが 同日同所同じフロアーです。 注:開催時間が多少違います。
※ 画像はクリックで大きくなります。


☆ 硬筆の世界 Ⅱ
     桃花会“華” 30周年記念展

a0081957_1713758.jpg

a0081957_1713851.jpg

所属する硬筆習字の講師の方々の作品展です。
watasiの習字の先生 みんなの絵手紙の先生である奥田先生の作品があります。


《 硬筆の世界 Ⅱ 》
2015年3月10日(火)~15日(日)

9:30~19:00 (最終日は17:00まで)
名古屋市民ギャラリー栄(中区役所朝日生命共同ビル7階)
052-265-0461
名古屋市中区栄4-1-8
地下鉄「栄」下車12番出口を東へ50m




絵手紙合同展
△□まる・さんかく・しかく

a0081957_1713933.jpg

中三川先生の教室 合同展です。
いろいろな技法の絵手紙が見られます。

《 中三川教室 絵手紙合同展 》
2015年3月10日(火)~15日(日)

9:30~17:00 (最終日は17:00まで)
名古屋市民ギャラリー栄 7階 第3展示室(中区役所朝日生命共同ビル)
052-265-0461
名古屋市中区栄4-1-8
地下鉄「栄」下車12番出口を東へ50m






[PR]
by from-sumi3 | 2015-02-26 17:10 | お知らせ | Comments(0)

今日 書アート展 FEELに行ってきました。
数点見始めた頃 13時半からの 作品解説が始まりました。

文字を書いたもの
書 線を題材にしたもの
白と黒で表現
のいずれかをクリアすることが条件で展示された作品

はじめ 見ていた作品も
解説を聞いてから眺めると
制作過程や見るポイントもわかり
より広く深く楽しむことが出来ました。

a0081957_1512468.jpg
作品解説終了後 岡本光平氏
a0081957_1512387.jpg

a0081957_1512695.jpg

a0081957_1512621.jpg

a0081957_1512750.jpg
中央 田島陽子氏の作品
a0081957_1512892.jpg


※ スタッフ付き添いで 会場風景のみ撮影OK
※ 解説中は φ(..)メモメモ書き書きだったので
沢山の来場者の会場風景の撮影が出来ませんでした。いっぱい来てたんだよ。

NHK 大河ドラマ 軍師 官兵衛のタイトルを書いた福田祥洲氏も来場していました。

16日(金)、17日(土)13:30〜14:30
作品解説がありますので ご都合がつく方は是非!!
いい言葉もいろいろ聞くことが出来ました。
オススメです  (*'∪'*)/




[PR]
by from-sumi3 | 2015-01-15 00:03 | 絵画展・書展 | Comments(0)


新春展作品 仕上げしゅ~~りょ~~~ ヽ(*'ー'*)/ バンザ~イ
ちょっと 落款印はしくじりましたが…

久し振りのパソコンです 037.gif


すでに始まってまぁす (*'∪'*)/

2015 書アート展 in NAGOYA     名古屋市
          produced by 岡本光平

                         ※ クリックで大きくなるよ♪
a0081957_21405118.jpg


≪ 書アート展 ≫
2015年1月13日(火)~18日(日)
9:30~19:00  最終日 17:00終了
名古屋市民ギャラリー栄 8F
名古屋市中区栄四丁目1-8 中区役所朝日生命共同ビル 8F




NAGOYA 遊墨展       名古屋市

                         ※ クリックで大きくなるよ♪
a0081957_21475159.jpg


a0081957_21481052.jpg

 
≪  遊墨展 ≫
2015年1月14日(水)~18日(日)
10:00~19:00  最終日 16:00終了
栄サンシティギャラリー
名古屋市中区栄四丁目1-8 中区役所朝日生命共同ビル 1F


※ どちらも岡本光平氏と師事されてる方々の展です。
※ どちらも同じ朝日生命共同ビル内です。

   地下鉄栄駅、 12番出口より徒歩1分 広小路通を東へ、すぐ右手






[PR]
by from-sumi3 | 2015-01-13 19:42 | お知らせ | Comments(0)

※ 一応 Wikipediaにリンクしましたが ・・・テンテンテンですぅ008.gif


今日は春日井市の文化フォーラム春日井で開催中の

比田井天来(ひだいてんらい)門下四書家の足跡を辿る

四神の書

  上田桑鳩(うえだそうきゅう)

  手島右卿(てしまゆうけい)
    柿沼康二さんは手島右卿氏に師事しました。

  金子鷗亭(かねこおうてい)

  桑原翠邦(くわはらすいほう)
 ( ´ ` )=3ふぅ

見に行ってきました。  

a0081957_056875.jpg


春日井市は書聖 小野道風 (おの の みちかぜ/とうふう)が生まれたと言い伝えられていて

a0081957_16581338.jpg


「書のまち 春日井」として 書道に力を入れています。
まちのゆるキャラも とうふうくん 016.gif 

a0081957_16581332.jpg


そして 市の花は桜

a0081957_1658138.jpg


市の木は欅

a0081957_1658396.jpg


歩道橋の柱にも

a0081957_16581211.jpg
でした016.gif


途中 桃 桃 桃… ピンクの旗がはためく和洋菓子店 桃花亭を発見!

小牧篠岡… の文字に ふらふらっと 037.gif

a0081957_1372035.jpg


桃花亭さんでは 小牧市篠岡の桃を使った白桃ゼリーなどを作っていました。
福桃には蜜漬けした幼果の桃が入っていて
まわりの柔らかな羽二重餅と適度な歯ごたえの小桃の食感が良かったです。

商品名は柔らかでほんのり甘い桃福にあった習字文字で書かれていました。 



さて 肝心の『四神の書』ですが…

ん~~~

ただ きちんと書かれた古典の書に留まらず
それぞれの境地で 表現する書になっていったようです。

意味を持つ漢字で読んでしまう日本人よりは
雰囲気や迫力や勢いなどから アートとして見る外国の人達の方が
的を射た感じ方をするのかもしれません。

しかしその前提には
古典の書を充~~分に学んだベースがあってのこと     ということでしょうか…008.gif



最近 ◯◯日まで のイベントが続き 出掛けてばかりで 草茫々
台風の接近も考え
今日は夏植物の片付け(一部)をしてから 出掛けよう~(*'ー'*)/ と頑張ったため
昼近くの外出になってしまいました。

こうなったら 恒例の?も続けてみようと 下調べして
先に 春日井市の『蕎麦の三心』で昼食 037.gif

OS間際だったので watasiひとり
店内を撮影させて 頂きました。

蕎麦猪口のタペストリー

a0081957_1658484.jpg


最近 ゼンタングルに見えてくるぅ 037.gif

a0081957_16581055.jpg


モデルになりそうな達磨くん達も 041.gif

a0081957_1658463.jpg


ジャズ系の曲もいい感じ??

駅から30分ほど歩いて暑かったので『すだちおろし蕎麦』を注文

a0081957_16581080.jpg


1400円はちと高いけど さっぱり 美味しかったですよ??




今日 watasiは 目習い出来たでしょうか…






※ 出掛けてばかりで絵手紙描きが滞ってまして…  m(_ _)m ガンバリマス



あなたの町のマンホール 出掛けた町で見つけたマンホール 消火栓の蓋もご当地デザイン♪ こちらの掲示板にUPしてね
さて今日の晩御飯はぁ… 料理苦手主婦うとうと 憧れblog 小太郎のまんぷく日記
梅村マルティナ 気仙沼FSアトリエ



[PR]
by from-sumi3 | 2014-10-10 16:44 | 絵画展・書展 | Comments(6)

芸術の秋 かな書道展

今年も
曲木(まがき)玲子社中 すずみの会 かな書道展
に行ってきました。
明日29日(月)15時までです。


ここがギャラリーです037.gif

a0081957_20375056.jpg


門をくぐると雑木林

a0081957_20374943.jpg


石畳みを上がると入口

a0081957_20374837.jpg


訪れる人にはほほえみを
去りし人には幸せを

a0081957_20374897.jpg


好きな窓辺の席に座ることができました。

去年訪れた時は
歩いてる途中で雨が降り出してきて
駆け込んではいりました。
ついてないなぁ007.gif とおもいました。が
窓辺から見えた庭は
しっとりと濡れて緑濃く
雨が降ってきたのが嬉しく思えました。

今日は秋晴れの少し暑い日でしたが
木々からもれる陽射しも柔らかく
水飲み場には鳥がきていて
それはそれで素敵な眺めです060.gif

近くにあったら 時々訪れて
もの思いに… ン!?らしくないって?

a0081957_20374692.jpg


ちょっと雰囲気に流されて
オススメの『松の実のトルテ』を頼んでしまいました ^m^
しっとりもっちりした食感でした。
和洋中合わせた風味…とオーナーさん

a0081957_20375250.jpg


東京風ブレンドコーヒー 500円
松の実のトルテ 300円

曲木先生の作品の料紙はすべて自作だそうで
かな文字 連綿は流れるようで
美しく素晴らしい です 005.gif

作品の撮影は遠慮しましたので

a0081957_20375354.jpg




a0081957_20374774.jpg


去年頂いた石です。 素敵でしょ 016.gif

a0081957_20375248.jpg


場所は『ギャラリー 森の響(おと)』

※ すずみの会 かな書道展2014の作品 → コチラ

※ すずみの会 かな書道展2013の作品 → こちら


帰り 今日は外お昼に
またまた待ちに待って お蕎麦です 037.gif
大府市の石臼碾き手打ち蕎麦 雄岳(ゆうがく)

a0081957_20375181.jpg


本日の蕎麦 栃木県益子産

天ぷらそば 1300円




期日限定のイベントが続きました。
しばらくインドアの用事をします p(・∩・)qガンバレwatasi





[PR]
by from-sumi3 | 2014-09-28 20:25 | 絵画展・書展 | Comments(4)

時間切れ・・・


※ 補足記事 あります

6月開催の文化展への出品作(硬筆習字)
墨色の濃淡とにじみで!と
やってみたら
思いのほか 淡い色が出せなくて 試行錯誤で苦戦苦戦

都合により 明日の教室で選んでもらうことにしてあったのに
相も変わらず バタバタと駆け込み φ(..)書き書き

a0081957_081587.jpg
                                (用具 アダンの筆 割り箸)


これでいいわけないけど

時間切れ


☆ 補足記事 ☆

矢野きよ実さんのブログにあるように 墨の濃淡を使って表現したかったのです。
難しいのはの墨でした。
紙によって 滲みも違ってきました。
いつもの作品展では 二層紙を使っていましたが 紙屋さんで玉潤箋を薦められました。
『濃い墨を硯にとり 水と合わせて 摺って下さいね』と紙屋さん
え〜〜 墨に水を入れて混ぜるだけじゃダメなんだぁ005.gif
寝かした墨と混ぜると 滲みの濃淡がはっきりしてくる…とか ネットにも…
墨ひとつも 奥の深い世界です。

結局 思う色に薄まらず断念。

ちょうど出掛けた岡本光平展で見た『湖』
顔彩?鈴鹿墨?彩煙墨?
お聞きしたら 意外にも アクリル絵の具だった。
あら ラッキー♪ 家にあるわ と書ける気でいたのですが
アクリル絵の具の濃度 墨の濃度 絵の具と墨の付け具合 意外と複雑でしてぇ…008.gif

またまた 思うように書けないうちに
気持ちも時間も切れてしまい
ハイ今回はこれで出品しちゃうことに!!

向上心とやら 全くありません ┐('~`;)┌





※ あなたのまちのマンホール 出掛けたまちで見つけたマンホール  消火栓の蓋もご当地デザイン♪ こちらの掲示板にUPしてね
 さて今日の晩御飯はぁ… 料理苦手主婦うとうと 憧れblog 小太郎のまんぷく日記
※ 梅村マルティナ 気仙沼FSアトリエ



[PR]
by from-sumi3 | 2014-06-05 00:11 | 雑記 | Comments(13)

芸術の真冬

行ってきましたNagoya 遊墨展
書と落款と額装までが作品
今年も面白い っと言っては失礼ですが
よくある書道展とは違った作風で
墨と遊ぶ? 遊墨展らしかったです。
しかし
解説文?に書かれた 書に対する考え方は
とても勉強になりました045.gif

書道おもしろグッズ
去年は表彰状にしましたが
今年は楽しいハガキを買ってきました。
a0081957_1533555.jpg

a0081957_15322973.jpg


※ 当blog内 岡本光平氏関連記事
     『Nagoya 遊墨展 YUBOKU』     
     『現代書家 岡本光平展 ~日本の余白美~ 2011年4月』




帰り 名古屋ボストン美術館のボストン美術館 浮世絵名品展 北斎に行ってきました。
a0081957_15334977.jpg

斬新な構図 時に繊細で 時にモダンで・・・
あの時代の人の作品が 今でも新鮮に思えたり…

海外に流出してぇ と思ったけれど
 ボストン美術館にあったから この状態で保存されていた
 日本にあったら 新聞紙のごとく扱われていただろう

と話してくれたのは 浮世絵版画関係者?

このあと 神戸、北九州、東京でも展示があるようです。


大寒も過ぎ 寒かったけれど
ちょっとあったかい気分で帰ってきました001.gif



※ あなたのまちのマンホール 出掛けたまちで見つけたマンホール  消火栓の蓋もご当地デザイン♪ こちらの掲示板にUPしてね
 さて今日の晩御飯はぁ… 料理苦手主婦うとうと 憧れblog 小太郎のまんぷく日記




[PR]
by from-sumi3 | 2014-01-21 22:39 | 絵画展・書展 | Comments(0)