人気ブログランキング |

今、クリスマスカードでもなく 年賀状でもなく
年明けの1月下旬開催の 町の新春展の作品作りに試行錯誤中
『絵手紙の人達は よく動いていますよ』の毎度のメールと苦言に
反省し、凹んで、疑問や矛盾に ちょっとイライラ
情報を集めに 常滑 セラモールに行ってきた。
あの 3美ぃず展会場の『やまや』に入ると
a0081957_0352960.jpg

a0081957_9504258.jpg
期せずして
くりままさんのたくさんの招き猫やうさぎの絵手紙が迎えてくれて
気分はスッキリ♪

そうだよねぇ やっぱり 楽しくなっちゃうような絵手紙がいいよねぇ
うふっ!って 口元がほころぶような 絵手紙
そんな顔を思い浮かべながら
さて 今度は… どんな風に… ふふふ 003.gif041.gif003.gif

by from-sumi3 | 2010-11-29 00:36 | 番外編

a0081957_0164038.jpg

今年も叔父の家から送ってきました ottoの実家にあった柿の木の柿
『今年も』と言っても 今年は成り年 去年は全くさっぱりのようだったから
隔年ってことだけど

『まだちょっと』の色だったけど
おいしそうな色になっちゃいました037.gif

食べものを描くのって難しいです。

by from-sumi3 | 2010-11-28 00:29 | うとうと画

動いたら 出会えたよ♪

a0081957_122258.jpg
                         高崎だるま君に会いに行ってくるかな
皆さんのブログには ⌒(=`ェ´=)⌒ がいっぱぁい
年賀状のサンプルもUPされてて 
あのウサギもいいなぁ このアイディアもいいなぁ
わぁ~ どうしよう 焦るぅ 焦るぅ

動いた証 絵手紙賀状が33枚増えました(*'ー'*)v
毎年 実家に帰ってから
年を越して 賀状を仕上げている私 φ(◎◎ヘ)カキカキ
果たして 間に合うか
ε=ε=ε=┏( ・_・)┛

by from-sumi3 | 2010-11-25 01:45 | うとうと画

四季桜 紅葉 青空

a0081957_129476.jpg
開花情報と天気を確認して早めに出たつもり…
昨年満車で行けなかった川見(せんみ)10時着
やはり満車008.gif
少し先のPに止めて 歩く。
おかげで 素晴らしい紅葉も003.gif

今年は 紅葉の赤の色がいい!!
四季桜も満開で
風はあったが 青空 いい天気♪
                    クリックで大きくしてみてね♪
a0081957_144215.jpg

a0081957_1521363.jpg
a0081957_1523673.jpg
a0081957_1525924.jpg民家の庭先を通り
川沿いに薬師寺に向かいます。






この辺り 見上げると
a0081957_153262.jpg
a0081957_153485.jpg
a0081957_1447717.jpg










a0081957_1564974.jpg
薬師寺の階段付近も三色そろって綺麗です♪
a0081957_157242.jpg帰り道 違う景色に見えます♪







画像はクリックで大きくなるよ♪

by from-sumi3 | 2010-11-21 01:36 | o[◎]o-)パチリ

書展 絵手紙展

まず 田中恵子さんの書展へ
今年で3回目
書道展だけど 面白い!!
以前 丸栄で個展をされた岡本光平氏に師事されたと聞いた。
書だけれど 主婦の感覚がある。
表装にインド更紗などをつかったり パッチワークや刺繍で文字を書いたり
その取り合わせも 自由自在 若いアーティストの色彩や感覚だ。
今年の廃材空箱も 塗ったり 貼ったり 書いたり 縫ったりして
何が入っているかワクワクするような楽しい箱に041.gif003.gif041.gif

介護もされているとか聞いたけど
忙しかろう毎日の いつ創作するのだろう

そして 毎年の楽しみは 題材の詩
1回目の時は 内田麟太郎さんの『波』
『へ』の字が 七十くらい書かれている詩で
田中さんは いろいろな布で『へ』をアップリケして作品に

今年は 大野直子さん(金沢在住)の『味噌汁』
そう知られている詩 ではないと思うけど(私が知らないだけなのかも)
男性は選ばない題材
主婦の田中さん 今も 東京へお稽古に行っているらしい。
会場にいらっしゃったご主人のサポートも大きい。

    味噌汁     大野直子
 味噌汁をおいしくするコツは
 おたまにひとすくい
 夕焼けをいれること
 味噌の雲がもくもく湧いて
 ネギの葦原が波立って
 シジミが青いため息をつく
 お鍋はたちまちシジミの棲んでいた
 夕暮れの汽水湖
 仕上げに
 今日いちにちの苦笑いを押し込めて、蓋
 へへへへへ と 立ちのぼる
 湯気といっしょによそいます
a0081957_1435169.jpg

午後は 名古屋の絵手紙展
       撮影が出来なかったのでうとうとメモ(笑)で
         クリックで大きくなるけど 読めるかが問題011.gifゴメン →


段ボールの黒 紙の白 そして 椿の

いろいろな形の段ボールの 上の紙を
ところどころ剥がしたり カットしたり
出てきた波の紙を潰してみたり
とさまざまに

それを黒く塗り
真ん中や右や下に絵手紙を貼ってありました。

台紙が黒なので 絵手紙が引き立っていたし
形や展示に変化があって面白かったです。

千字文もたくさん書かれていました。
部屋に張り渡したロープに掛けるように展示
紙の大きさも 字の大きさも様々でした。

ん? あの模様のあるキッチンペーパーに書かれたものもありました。
聞き耳情報:滲まないのは 墨にノリを混ぜたらしい
        左手で書いたものも あるらしい

お仲間の中に傘寿を迎えられた方がいらっしゃるようで
皆さんからのお祝いの絵手紙が 折り帳になっていました。
いつでも 見やすいし 励みにもなって 嬉しいプレゼント♪

今回 『のりこぼし椿』 『花ごしらえ』 を知りました。
それを 手紙に使えるように アレンジ
二月堂の行事では 本物の椿の木に 修行僧達が作ったのりこぼし椿を付けるそうです。

今回は 赤や白の紙のほか 広告紙なども使って作り
壁面や床に散りばめてありました。
花が咲いたようで 会場が華やかになっていました♪

昨夜 一輪 作りました(*'ー'*)♪

おまけ:その季節 のりこぼし椿を模した 和菓子もあるそうですよ006.gif
by from-sumi3 | 2010-11-17 15:06 | 絵手紙展

晴天♪

a0081957_12384266.jpg
                              クリックで大きくなるよ♪

実家の用事で 三島へ
家を出る時から 富士山が期待出来るような 青空だった。
途中で窓側席に 移動出来た♪

期待ほど雪はなかったが まずまずの富士山 o[◎]o-)パチリ


帰り 実家に寄る。
母の調子もよく 近くの魚屋へも一緒に歩いて行けた。
いいなぁ 近くに美味しい魚の店があって
母達は まぐろのすき身
私は サワラの醤油干し、秋刀魚開き、まぐろのすき身を買ってきた。
父達の分のサワラは 半分に切ってラップして冷凍庫へ


寒い日やちょっとおかずがほしい時 食べてね 「ハイッ」
よく噛んで食べるんだよ 「ハイッ」
足の運動もしてね 「ハイッ」
寒くなるから 一枚はおってね 「ハイッ」
絵手紙待ってるからね 「ハイッ」
子供のように 返事はいい  (のだが…)

今回はガス台周り(キレイなのは好きだけど キレイにするのは苦手な私)を掃除してると
しきりに 「もういいから 早く帰んな」と言う。
「あんたの帰りが遅くなると心配だから もういいから 早く帰んな」と
子供みたいになってきた母が 母になる時

膝の調子がいいので外に出て
私が角を曲がるまで カニさんバイバイをしてくれた♪ 
by from-sumi3 | 2010-11-17 12:58 | o[◎]o-)パチリ

うさぎの目

こんばんは☆彡
うさぎの目のように 赤くなっちゃったので
今日は お休みします

うとうと (_ _).。o○

by from-sumi3 | 2010-11-08 22:19 | 番外編

a0081957_21473033.jpg硬筆習字の教室で紹介されました。

絵手紙年賀状として十二支の賀状が
いろいろな 紙、用具、技法で紹介されているので
硬筆習字(毛筆以外の用具を使用)にも参考になります。
また 技法も詳しく説明されているので
絵手紙教室に所属していない私には
とても有難いです。

で 早速 年明けの新春展には
○○を使って書いてみる
   つもりです003.gif                 


by from-sumi3 | 2010-11-07 22:07 | 番外編

     あなたの笑顔がみたいから                  ↓ クリックで大きくなります♪
a0081957_21464374.jpg

a0081957_21481581.jpg


先生の初めての絵手紙教室は この東浦町文化センター
全5回の教室から立ち上げた同好会が この『絵手紙サークル ひがしうら』
その時の同期生のAさんは このサークルで 活躍中
無所属の私は ・・・014.gif014.gif014.gif 

愛嬌のある顔は トビハゼ君
東浦町の雨水のマンホールの拓本です。
今年は湿拓の体験が出来ます(無料)


2009年の絵手紙展の様子は → こちら

平成22年11月30日(火)~12月5日(日)
10:00~16:00
東浦町文化センター ギャラリー
愛知県知多郡東浦町石浜岐路10
0562-83-9567

JR武豊線 緒川駅下車 徒歩10分


by from-sumi3 | 2010-11-06 22:03 | 絵手紙展

a0081957_145753.jpg『緒形拳からの手紙』を読ませてもらった。
緒形さんと小池先生の出逢いは
ビルの一階の通路のギャラリーでの絵手紙を
偶然通り掛かった緒形さんが見た時だった。
睨みつけるように長く 本気で全心で見ている緒形さんに圧倒され
声を掛けることが出来なかった小池先生は
その時の嬉しかった思いを飾らずに手紙に書いて出した。
すると 和紙のはがきが届く。
「おもしろかったです 緒形拳」
次にもらったのが
「菊まっさかり (黄色い花弁の絵)緒形拳」
転居の知らせを送ると
「転宅のおいわい (紙風船の絵)緒形拳」
いつも 短い言葉ばかりだったようだ。

  手紙は長くないほうがいい。用件はなくても一生懸命にかいたものなら、その人が出る。
  うまさも要らん。そんなことは、度々見ているうちにわかってくる。
  ・・・
  私は19歳から毎日手紙かきをしている。
  手紙の中でいろんなことをやってきたが、緒形さんの短い手紙には驚いてしまった。
  手紙かきは、人と会うとだめだという法則がおのずからわかってきた。
  会うと、馴れる。敬意がうすくなる。なれなれしくなって恋しさが消える。
  どんなに会いたくても会わぬほうがいい。
  その思いの濃さが字や文ににじみ出てくる。手紙に思いをのせることが大切だ。
  だから、緒形さんと会ったことがない。電話をかけたこともない。
  とてもじゃないが、一緒に食事をしたり、酒を飲んだ体験など一回もない。
  ・・・
  本当は松田正平さんのことを話したかった。
  照れ性の私は話したくてもその糸口を見いだせない。緒形さんも人見知りだ。
  口に出さないものを手紙の中に潜り込ませている。
  思いが濃く深い。その代わりに短い一言である。はやりのメールとは正反対かもしれない。


私は 絵手紙びと達に会いたい。
会って 初めましてと握手をして 手のぬくもりを感じたい。
会って生の声を聞いて 話がしたい。
会えば ネットでも絵手紙でも その人の笑顔が浮かび
語りかけてくれる声が聞こえる。
会えば ますます親しみがわく。
会えば ますます人柄を知り 敬意をもち 応援もしたくなる。

そして また 会いたくなる。

あなたは…?

追記
あっそうそう 先日はお食事もしちゃいましたぁ(*'ー'*)V

『恋慕渇仰(れんぼかつごう)』記事はこちら 
by from-sumi3 | 2010-11-06 01:28 | 絵手紙つながり